お知らせ

平成25年12月15日(日) 錦窯焼成・豊田伝右衛門顕彰祭

今年は薪を使う絵付け窯(錦窯)の窯焚きと豊田伝右衛門顕彰祭を同日に行いました。
顕彰祭では昨年に続き加賀市教育委員会文化課 戸根比呂子様を講師にお迎えし、「絵付窯跡の再評価~史跡整備に向けて~」と題して講演会を行いました。
錦窯には11月28日(木)に開催した「九谷焼で干支を描く」に参加された皆さんの作品も入りました。

焼成前のお皿

窯に詰められたお皿たち。焼成前なので赤以外の色が出ていません。

焼成後、緑・黄・紫・紺青の色がきれいに出ています。皆さん、絵が上手ですね。

焼成後のお皿焼成後のお皿焼成後のお皿



今回の「九谷焼で干支を描く」の様子は、11月29日(金)に北陸放送「レオスタ」で放送されました。

ページのトップへ戻る