過去のお知らせ

平成24年2月19日(日) 錦窯を焚きました

とき:平成24年2月19日(日)
時間:午前9時~17時まで
場所:九谷焼窯跡展示館 窯小屋にて

あぶり写真
二日前の2月17日(金)に、窯の湿気と取るため空焚きしました。空焚きと言っても、しっかり1日かけて充分に湿気を追い出しました。

前日の18日(土)、窯が冷めた頃に作品を中に詰めました。上から見ると、錦窯の特徴である二重構造がよく分かります。
窯詰め空の状態写真窯詰め後の状態写真

窯焚き当日19日(日)は通常の開館より少し早い朝8時からスタート。始めは火を起こすために小さい薪でちょろちょろだった炎が、1時間後にはかなりの勢いに。
窯焚き始め写真窯焚き1時間後写真

窯の中に垂らした色見本で絵の具の溶け具合を確認し、ちょうど良いところで、薪をくべていた焚口に蓋をしました。
色見本写真焚口終了時写真

三日後の22日(水)に窯から作品を出しました。今回は絵付体験されたお客様で錦窯での焼成を希望された方のお皿も入っていたので、いつも以上に緊張するスタッフ。蓋を開けると…綺麗に絵の具が溶けて、上手に仕上がっていました。
窯出し前写真作品写真

稲手さんと山下さん写真
稲手先生、山下先生、今年もありがとうございました。

ページのトップへ戻る