開催中の企画展

近代九谷の名工たち

平成30年7月4日(水)~平成30年10月1日(月)まで

古来より、人間にとって最も身近な存在の一つである植物は、最も身近な美術表現のモチーフでもあります。
特に、温暖で四季があり、豊かな水と緑に恵まれたわが国の風土は、日本人の自然に対する鋭敏で繊細な感覚を育み、身近な草花を多彩で美しい芸術に昇華する感性の礎となりました。九谷焼に従事した先人達も例外ではなく、その伝統を通じて、自らの自然観を映しこむがごとく、花や草や樹々、そして果実などを文様化し、
作品の装飾としました。その流れは、明治以降、より自由で開かれた時代に呼応するように多様な植物文様を
生み出し、現代に続いています。今回の展示により、再興九谷・江沼諸窯の陶工達によって受け継がれたその
流れの一端をご高覧ください。



中村翠恒
葡萄模様花瓶


初代滝口加全
交趾菊文香炉


初代中村秋塘
極楽鳥 宝相華紋浮彫花瓶


初代中村敬介
色絵山茶花図飾皿


北出塔次郎
色絵柘榴図台鉢

ページのトップへ戻る