開催中の企画展

江沼九谷の流れ デザインと技法

平成31年4月17日(水)~令和元年年7月8日(月)まで
九谷焼は、装飾的な器として知られています。本来装飾は、器としての機能には直接関係は無いように思われます。しかし、縄文式土器にも見られるように,古来より人は身近な器に装飾を施してきました。
それが豊穣への祈りであったのか、人をもてなす心遣いだったのか、全ては想像の域を出ません。しかし人の
想いがそこに現れているという意味では、描かれているものが紙であれキャンバスであれ器であれ、それが芸
術であることに違いは無いでしょう。違いがあるとすれば、描かれる「モノ」と描く為の「モノ」が「物質」である以上、その性質を理解し、それを使いこなす技術に違いがあるということ。
古九谷の昔から、自分の想いを器に描く為に先人達は、「九谷五彩」や「染付」と呼ばれる絵具類の理解と描く
為の技術や道具、器の地肌を覆う「うわぐすり」の調合、そしてそれらを焼きつける窯の構造や焼成の方法を
経験と口伝(クデン)によって蓄積してきました。今回の展示により、再興九谷・江沼諸窯に受け継がれてきたデザインやそれを生み出す人の技に思いを馳せていただければ幸いです。



松山窯
円龍図端皿 十客


竹内吟秋
唐美人絵角切皿


初代 中村秋塘
砡質手(ギョクシツデ)ウサギ図小皿(二十)


北出昂太郎
色絵牛図飾皿

ページのトップへ戻る