開催中の企画展

寿楽窯今昔

平成30年10月3日(水)~平成31年1月14日(月・祝)まで

初代九谷寿楽窯は現在の石川県加賀市松山町の出身。天保7年(1836)生まれ。本名は清七といいました。
最初松山窯にて技術を学び、万延元年(1860)山代村に移り、藩営九谷本窯にて作陶に従事。
その時、九谷本窯に招聘されていた永楽和全より寿楽の号を受けたといわれます。
明治以降は、民営九谷本窯、九谷陶器会社の事業にも関わり、明治14年(1881)には自らの窯を開き、九谷
寿楽窯の礎を築き作陶に励みました。
大正7年(1918)82歳にて没。
今回の企画展は、平成30年(2018)、没後100年となる初代寿楽を偲び、山代再興九谷窯の流れを受け継ぐ
寿楽窯の作品を展示いたします。



染付垣二千鳥図 変形皿


色絵山水図 長角皿


色絵葦鷺図 水注


赤絵人物図 徳利

ページのトップへ戻る