開催中の企画展

近代九谷の名工たち 蒼翠(ソウスイ)

2019年7月10日(水)~2019年10月7日(月)まで
その気配や、背景に広がる空や海の青さを感じるような「緑色」や「紺色」などの涼しげな印象を受ける作品を
ご紹介します。
「陶芸」の絵付け技法の内、「上絵付け」は釉薬の上にさらに絵付けを施し焼き付ける技法で、九谷焼はこの技法
を発達させました。特に「九谷の青」と呼ばれる緑色は酸化銅を発色剤とし、鮮やかさと深さを兼ね備え、また
「紺青」と呼ばれる青色は酸化コバルトを発色剤とした青色で、画面にアクセントを与えます。
それに対し「染付」は、同じ酸化コバルトが主原料の「呉須」を用いながらも、器胎が焼き締る手前の「素焼」の
状態に絵付けを行う「下絵付け」技法で、ガラス質の釉薬の奥から見えるやわらかく味わい深い藍色が日本人の
好みにも合いました。私達になじみの深い青色や緑色。
緑陰深まるこの季節、今回の展示がご覧いただく皆様にとって、ひとときの「木陰」となれば幸いです。



初代矢口永寿
井桁形染付皿 6客


苧野旭泉
色絵柳銘々皿(五)


嶋田寿楽窯
染付蓋付飯碗(五)


九谷壽楽製陶所
青手瓢箪図中皿

ページのトップへ戻る