開催中の企画展

九谷のカタチ ~注ぐカタチ 飲むカタチ~

平成30年1月17日(水)~平成30年4月16日(月)まで

絵画性と装飾性に注目されがちな九谷焼ですが、器胎成形にも優れた技術と造形性が見られます。その成形技術とアイテムデザインに注目する「九谷のカタチ」シリーズ。
今回は「液体」を容れて、「注ぐ」カタチと「飲む」カタチに注目します。
液体をスムーズに「注ぐ」ための器には、その使用場面と液体の種類に応じて様々な形状が工夫されます。
又「飲む」という行為は、人間が手に持ち唇に触れるという点から、器の持ちやすさや縁の造りに特に注意が
払われます。「酒器」と「茶器」を中心に展示する今回の作品群から、この二つの行為のためのデザインに込められた、陶工たちの技術を感じていただければ幸いです。



九谷本窯
赤絵武者図急須



北出 塔次郎
色絵梅花図盃 色絵胡蝶図盃



江沼九谷五作家酒器揃



初代 滝口 加全
交趾湯呑



初代 中村 秋塘
赤楽茶碗

ページのトップへ戻る