過去の企画展

再興九谷「組物」(後期展)~吉田屋・宮本屋・松山の起程を尋ねる~

平成23年10月19日(水)~平成24年1月16日(月)まで

No.19 宮本屋 赤絵金彩小紋尽扇文八角形猪口 5客

  No.18と同形・同寸で絵違いの猪口である。八角形の筒猪口である。猪口は珍味入れの向付としての用途のほか、酒器として使われるものである。見込は扇文で、外側周辺は赤地に青海波文と組亀甲文を交互に配置している。薄作りで上手の器である。梅花皮は3番無く、これ以外はやや有りである。裏銘は一重角福で、福字の旁の左側は一本につながっている。元は10客で組になっており、今回の5客は3人の所有者からお借りした。
  この作品と前記のNo.18の作品は、それぞれ10客1箱入りで、かつ「一緒」に大聖寺で伝世していた経緯がある。そして、「これが宮本屋の赤絵と青手である」という伝承が伴っていた。この両者は宮本屋研究の要となる。少なくとも昭和の中頃まではその状態であったが、その後時間をかけて分けられていった。組物が分けられていくことは全てが消滅するリスクが避けられるだけでなく、一人でも多くの方々に親しんでもらえることのメリットはあるが、いざこのような展覧会にお借りしようとする時にはハンデが大きい。

宮本屋赤絵金彩小紋尽扇文八角形猪口写真

ページのトップへ戻る