過去の企画展

再興九谷「組物」(後期展)~吉田屋・宮本屋・松山の起程を尋ねる~

平成23年10月19日(水)~平成24年1月16日(月)まで

No.18 宮本屋 青手菊に蘭文八角形猪口 3客

  見込には蘭を描き、外側周辺は組亀甲文の地に紺青2輪、紫1輪の菊の花を散らしている。この蘭の題材は『方氏墨譜』の第四巻「博物」のなかのひとつを取っているものと考えられる。紺青は花紺青である。梅花皮は2番には無く、これ以外はやや有りである。裏銘は一重角福で、福字の旁の左側は一本につながっていない。この作品の素地作り、筆致、釉薬の発色加減は、吉田屋作品と見紛うものがある。元は10客で組になっており、今回の3客は3人の所有者から別々にお借りした。

宮本屋 青手菊に蘭文八角形猪口写真

ページのトップへ戻る