過去の企画展

再興九谷「組物」(後期展)~吉田屋・宮本屋・松山の起程を尋ねる~

平成23年10月19日(水)~平成24年1月16日(月)まで

No.10 吉田屋 椿図花形小皿(紺青入) 2客

  No.9と同形・同寸であり、見込みもこちらは少し大きいが同じ椿図である。花の中央のシベの所には紺青を入れ、縁には櫛目文を流している。裏面の木の葉散らしの数は、1番は4・5・5・5、2番は5・5・5・6である。1番は堅手であるが、2番は甘手である。同じ組物内で堅手と甘手があるということは、これらは窯の中の設置場所などの少しの加減で影響されるものなのかもしれない。梅花皮は無く、高台の畳付の素地色は赤茶けるタイプで、裏銘は一重角福である。この作品も近年まで5客あったものである。

吉田屋椿図花形小皿(紺青入)写真

ページのトップへ戻る