過去の企画展

再興九谷「組物」(後期展)~吉田屋・宮本屋・松山の起程を尋ねる~

平成23年10月19日(水)~平成24年1月16日(月)まで

No.9 吉田屋 椿図花形小皿 5客

  菱形の胴部をくぼませて花形を作り出している。手裏剣形ともいえるかもしれない。中央には椿が一枝印象的に描かれているが5番の椿の描き方だけ異なる。椿の周りの点描はすべて縁に向かって黄の釉薬とともに流れており、上絵窯では伏せて設置していたという窯詰め方法がわかるものである。紺青は使われていない。梅花皮は無く、高台の畳付の素地色は赤茶けるタイプである。裏面は一重角福であるが、1番と3番の角幅が他のよりも小さい。表面の椿の違いも入れるとこの5客の中には3つの手があるのかもしれない。裏の側面は吉田屋によく見られる木の葉散らしであるが、その各4面の散らし数は、1番は5・6・5・6、2番は5・4・5・5、3番は5・5・5・6、4番は5・4・5・4、5番は7・7・7・6であり、それぞれ違う。5客とも堅手である。

吉田屋 椿図花形小皿写真

ページのトップへ戻る