過去の企画展

再興九谷「組物」(後期展)~吉田屋・宮本屋・松山の起程を尋ねる~

平成23年10月19日(水)~平成24年1月16日(月)まで

No.5 吉田屋 椿図琵琶形向付(花紺青) 5客

  形状もモチーフも筆致も雰囲気も前期展に出品された「吉田屋 椿図琵琶形向付 10客」と同じであり、こちらの紺青が花紺青となっている点のみが大きく異なる。このように、吉田屋には松山固有の特徴と誤解されている花紺青を使用する例が時々見られる。
  5客とも椿の軸が向いている方向は右、椿の葉の枚数が左1枚右2枚、裏面の角福の「福」の田の字の内部の書き方が「十」である。縁銹は濃茶のものが3客、薄茶のものが2客である。
  このような琵琶形の吉田屋には3点の高台が付いているが、それらには窯内にくっついて無理に剥がされた痕跡が残っている場合が多く、この組物も5客4客にそういった窯傷がある。その部分には釉薬がかけられていることも多い。高台の畳付の素地色はNo.7が赤茶けないタイプであるのに対して、こちらは赤茶けるタイプである。裏銘は一重角福で、その周辺にはほぼ一筆書きで円形を繋げている。

吉田屋椿図琵琶形向付(花紺青)写真

ページのトップへ戻る