事業紹介


加賀九谷陶磁器協同組合では、日々の生活に欠かせない器づくりに留まらず、地域に根差した活動から、広く世界へ目を向けた新しい事業まで、幅広く取り組んでおります。

平成20年 腕時計シリーズ第一弾

腕時計第一弾写真

全て手描きで絵付した1点ものの九谷焼の文字盤を用いた腕時計を70個製作しました。(販売価格10~25万円)
●第35回 石川県デザイン展石川県知事賞受賞


平成21年 山代温泉新総湯 陶板制作

新総湯タイル写真

男女それぞれの浴室壁面に配置するタイルを、30名の作家が描きました。
色絵、赤絵、染付、赤絵細描、レリーフなどさまざまな図柄や技法が楽しめます。


平成22年 腕時計シリーズ第二弾「The Japanese Watch」

腕時計第二弾写真

九谷焼と同様、地元加賀市を代表する伝統工芸である山中塗の作家に協力してもらい、九谷焼40個、山中塗40個、合計80個の腕時計を制作しました。
●平成23年度 石川ブランド優秀新製品認定


平成22年 山代温泉古総湯 陶板制作
古総湯タイル写真

明治時代にあった総湯を復元した古総湯の浴室用に、九谷焼窯跡展示館に展示されている古いタイルをオリジナルデザインとして新たにタイル1000枚を制作。当時の雰囲気を再現しました。


平成23年 腕時計シリーズ第三弾「九谷焼機械式腕時計」

腕時計第三弾写真

若手作家を中心に製作。裏面は機械式の時計内部が見えるスケルトン構造、表面の緻密な絵との新たな調和が楽しめます。
●平成23年度 石川ブランド製品認定
●JIDA デザインミュージアム選定


ページのトップへ戻る